活動内容

活動内容 埼玉県障害者アーチェリー協会

HOMEごあいさつ活動内容全国障害者スポーツ大会トップ選手協会規約/会費リンク集

活動内容

埼玉県障害者アーチェリー協会 活動内容

体験会開催 → 2017年度は中止


アーチェリーを始めてみたい方は連絡下さい。
指導員が安全ルール、弓具の取扱、交流センター個人 利用認定合格(近距離)まで指導いたします。なお、体験会はご要望に応じ練習会開催日に準備・実施いたしま すので、※ 必ず事前申込みをお願いします。saitamaarchery@gmail.com

個人利用認定取得後は練習会に参加下さい。協会員で一定の条件を満たせば、弓具の貸し出しもしています。また、30m程度が撃てるようになれば弓具購 入のアドバイスや弓具店の紹介もいたします。弓具一式で10万円程度、旧モデルをチョイスすれば5万 円程度から始められます。

練習会→ 2017 年は中止、2017年度スケジュール


協会員を対象に技術向上、会員相互の親睦、各種相談を目的とした練習会を毎月2回程度、協会が交流センターアーチェリー場を団体貸切して開催しています。
なお、協会の主旨に賛同、今後協会員になってアーチェリーを共に楽しむ方(ビジター)も練習会に参加いただけますが、安全指導面の配慮から、※ 必ず事前申込みをお願いします。saitamaarchery@gmail.com

安全ルール順守、指導員の指示 に従って練習して下さい。

ミニ大会


年数回、埼玉県アーチェリー協会の皆さんと交流を兼ねて交流センターアーチェリー場でミニ大会(ハーフ50m/30m、合計72本、30mダブル 30m30m、合計72本)を開催しています。
埼玉県大会はまだとおっしゃる方でも30mが撃てる方であれば参加出来ます。

埼玉県大会  交流大会 2013 、 交 流大会2014


交流センターで開催される埼玉県大会です。参加者は中学生~社会人を含め140名程度と規模が大きい大会ですので、グランドを全面使用します。
競技内容は2013年まではシングルラウンドでしたが、2014年からはリカーブ部門は70mラウンド(36射×2)& times;2、コンパウンド部門は50mラウンド(36射×2)×2に変更。その他ハーフ(50m30mを各 36射、計72本)、30mダブル(30m30mを各36射、計72本)と上級者から初心者までレベルに応じて参加出来ます。
なお、参加するためには県あるいは全日登録が必要です。

サークル活動発表(センター 祭)


交流センターでサークル活動報告をしました。
アーチェリーのルール、協会の活動、パラリンピック選手に協力いただきユニフォームや弓具の展示、パラリンピック選手との写真撮影会などを実施しました。






クリスマス会


会員の親睦を図るため、12月後半に交流センターでクリスマス会を開催しています。
ケーキやお菓子をいただきながら、プレゼント交換、特技の披露などもあり、楽しい時間を過ごします。






サポーター募集


選手の増加により障がい者の比率が高い交流大会やふれあいピック大会などでは「採点・矢取り」サポーターの絶対数が不足していた、「採点・矢取り」を連れ て行くことを条件にした県外大会ではサポーターを確保出来ず参加を断念したなどのケースなどがあります。

普段は一緒にアーチェリーを楽しむ仲間として、選手が大会に参加するとき「看的・矢取り」を手伝っていただけるサポーターを募集、養成したいと考えていま す。




サンプル画像

サンプル画像

サンプル画像

サンプル画像

サンプル画像

サンプル画像

サンプル画像

Copyright (C) 埼玉県障害者アーチェリー協会. All Rights Reserved.