ごあいさつ

ごあいさつ 埼玉県障害者アーチェリー協会

HOMEごあいさつ活動内容全国障害者スポーツ大会トップ選手協会規約/会費リンク集

ごあいさつ

【沿革】

私たち埼玉県障害者アーチェリー協会は埼玉県障害者交流センターのアーチェリー講習を終了したアーチェリー仲間(アーチャー)が中心となり平成4年に結成しました。
現在では多くの選手が埼玉県大会への出場、トップ選手は全国、世界大会、パラリンピックで活躍するまでに至り、指導者も多数育っています。こうした活躍の 影には交流センターのスポーツ指導員の熱心なご指導、アーチェリー関係者などのご理解・ご協力に支えられたところが大きいと思います。
今後、私たち協会でも交流センターやアーチェリー関係者と協力して新規アーチャーの募集育成、県大会の開催運営、後進指導者の育成などアーチェリーの発展に力を注いでいくつもりです。


  
代表者(会長) 寺方 克彦
会員数
(2017/4)
一般会員 50名
ボランティア 7名
指導者数
日本体育協会 指導員 3名
日本障害者スポーツ協会 指導員 10名
全日本アーチェリー連盟 審判員 11名
練習場所 さいたま市浦和区
埼玉県障害者交流センター
(アーチェリー場)
協会規約/会費 埼玉県障害者アーチェリー協会規約
メール連絡先 saitamaarchery@gmail.com
  

【役員】

〇代表(会長) 寺方 克彦
2013年度から代表(会長)を務める。
学生時代の体育の単位はアーチェリーで取得、20数年前、交流センターで講習を受けカムバックしました。

日本体育協会 アーチェリー指導員
日本障害者スポーツ協会 指導員
全日本アーチェリー連盟 審判員



〇顧問 福田 孝一
協会創設から2012年まで代表(会長)を務める。
日本身体障害者アーチェリー連盟理事、埼玉県アーチェリー協会評議員、埼玉県障害者スポーツ協会理事などを兼務、関係機関とのパイプが太く、対外折衝を一手に引き受けています。 写真は2014/3/15 埼玉県より「埼玉県体育賞(功労賞)」により表彰されました。

日本体育協会 アーチェリー指導員
日本障害者スポーツ協会 指導員
全日本アーチェリー連盟 審判員




サンプル画像


サンプル画像

Copyright (C) 埼玉県障害者アーチェリー協会. All Rights Reserved.